賃貸の流れ

パソコンで仕事

新しい賃貸オフィスを借りようと思った場合、最初のプランニングから引っ越し移転が終わるまで多くの専門家のお世話になる事になります。
そのため良い物件を選んで、スムーズで気持ちの良い移転を行うためにも、それらの専門家についての仕事などを知っておくと有益です。
専門家としてはまずオフィス仲介業者の営業担当が最も最初にお世話になる専門家です。
不動産業者では5人に1人の割合で、宅地建物取引主任者の資格を持つ人物が必要なため、その資格所持者の人が担当をすることもあります。
仲介業者と話がまとまれば、その賃貸オフィスのオーナーや管理者のお世話になることになります。
オーナーと管理者必ずしも別ではなく、同一のこともあります。

物件の種類や契約形態が多様で、様々な不動産業商品が展開されているのも、賃貸オフィスの特徴の1つです。
それらを挙げていくと、まず大手貸主物件があります。
これは大手の不動産会社が取り扱う貸事務所などで、何れも不動産に詳しく無い人でも聞いたことのある、有名な会社ばかりが取り扱う物件のことです。
各種保険なども充実しており、審査もしっかりとしているため他の入居会社も問題が無いことが多いのが特徴です。
またセキュリティや共用部分に関しても充実している傾向があります。
ただし敷金が12ヶ月分だったりと割高な面があります。
また賃貸オフィスでも定期借家契約によって借りることが出来る物件も、最近では増えています。
審査面や賃料の点で比較的条件が良いことで知られています。